ハル本町歯科 大阪

差し歯ハル本町歯科 大阪
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-15



差し歯

差し歯という言葉の由来をご存じでしょうか?昔は強度の問題で被せ物と土台がくっついていたもの(歯冠継続歯)を残った歯の根に差し込んでいました。
今は材料の進化により差し歯というものは少なくなりかぶせ物と土台は別々になり長持ちするようになりました。
今はイメージ的にはインプラントのほうが骨に刺すので差し歯に近いイメージかもしれませんね。
当院の差し歯の治療方法は土台となる根っこが大丈夫ならばセラミックで治療し、根っこの部分が残念ながら残せない場合はインプラント(もしくはブリッジ)になります。

笑顔が素敵な人は大勢います。綺麗な笑顔の芸能人といえば皆様、誰を思い浮かびますか。想像してみてください。
そして、その人たちの歯や歯並びはどうでしょうか?
あなたにも気付いて欲しい。いや、このページに来られたということはすでに気付いていらっしゃると思います。

当院の差し歯は天然の歯に近い透明感とツルッとした心地よい舌触り、プラークもつきにくく歯茎にも優しいセラミックのかぶせ物であり、高品質でありセラミック専門のセラミストに作製して頂いております。



差し歯(セラミック)のメリット & デメリット


メリット
1. 天然歯のような透明感
2. 歯茎に優しく、汚れにくい(ステインが付きにくい)
3. 虫歯になりにくい
4.経験豊富なセラミストによる作製(当院ならではです)


デメリット
1. 高価である
2. 歯ぎしりや食いしばりの強い人は場合によってチッピング(少しかける)が起こる
3. 良いものを作製するため時間がかかる場合がある